むくみを治さなければ、脚痩せはできない!

モデルのようなすらっとした、細い脚。誰もがあこがれると思います。あのすらっとした脚をゲットするために必要なことは、まずむくみを直すこと。そのためにはまず体を絶対に冷やさないこと。

体が冷えていると、セルライトなどの脂肪が体を守ろうとして、どんどんと硬くなっていき、老廃物がどんどん溜まっていってしまいます。そのためには、半身浴や腰やつま先を暖めることが効果的です。さらに、【首】がつく箇所を暖めると体が冷えにくくあるといわれています。首、手首、足首など。

さらに、脚を細くするには、リンパを流すことが大事になってきます。リンパのつまりをよくすることにより、脚だけでなく体全体が楽になります。脚であれば、ふくらはぎや太ももを手でもむのももちろん、骨にそってマッサージをしていくとリンパの流れが良くなります。

また一箇所をぐりぐりとやるだけでなく、そのあとねリンパにそって、心臓に近いところまで流すことが大切になっています。老廃物はからだのごみのようなもので、心臓の血流が良いところに持っていくことで、血流に流れて、それが排泄物として出て行ってくれます。

一連の流れを、毎日欠かさず5分でも行うことでほっそりとした脚をゲットすることができます!

ランニングをしても脚痩せは簡単にできません。

私は約3年半ランニングをしています。当時ダイエットをしたいと思っていたのですが、食事制限だけで痩せるのに限界を感じていたことから脚を動かせるような運動をしなければいけないと思って始めるようになりました。

ダイエット自体は体重が3キロほど減少したということで、一応成功しているのですが脚をあれだけ動かしているにも関わらず脚痩せだけできていないことが気になります。

私が脚痩せを十分にできていないことに気づいたのは、あるお店で試着したジーンズを着用できなかったことからです。そのジーンズはウエストに関してはぴったり合うはずのものを選んだのに、なぜか脚が窮屈になって着用できなかったことから購入を断念したのです。

そのようなことを経験して脚痩せはランニングをしただけでは簡単に痩せられないと思いました。現在の体型は胴体部分がかなり痩せているにもかかわらず、太ももを中心とした脚の部分は肥満傾向にある人と変わりないくらい肉付きがいい状態です。

そのようなことから最近は新たな脚痩せ方法として筋トレをするようになりました。ただしこの筋トレも自己流ではなかなか効果が出ない状態であり、今のところ脚痩せができたという実感はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする