私の脚痩せとダイエット

若い頃は、脚より上半身にぜい肉が付きやすかったのですが、年とともに下半身にぜい肉が付きやすくなります。私は今、46歳になりますが、お腹から下のぜい肉で以前はいていたジーパンが入らなくなってしまいました。

以前は冬場はジーパンの下に肌着をはいていましたが、それさえも入らなくなってしまいました。鏡で全身を見るのがストレスです。以前はダイエットしようと思い、サイクリングマシーンを購入した事も有りました。距離と消費カロリーが表示されます。でも、長続きしませんでした。脚は体の中で一番痩せにくい部分です。

40代になって20代の頃に比べて10キロ太りました。自分自身がもうあきらめかけているのかもしれません。20代の頃は常にダイエットをしていました。絶食に近いダイエットをしていたことも有りました。元々は、太りやすい体質で、以前は、1日1食しかご飯を食べなかったり、お米を食べませんでした。

1日にパン1個などしか食べませんでした。若かったから出来たのです。スポーツクラブに通った事も有りました。プールで泳いだ後お風呂に入って家に帰ります。それが半年ほど続きました。水泳は全身運動なので、ダイエットには最適です。運動して脚痩せするのが一番です。

私が実践した脚痩せ法

私は27歳、主婦です。0歳と3歳の子供がいます。
出産で太りましたが、育児でエステなどに通うことができないながらも4ヶ月経つ現在は出産前よりも
体型、体重ともにスリムになりました。

今回は私が実践して効果があった脚痩せ法の体験談をご紹介したいと思います。
それは正しい姿勢で歩くことです。
人間は毎日歩きます。

この歩くときの姿勢がとても重要です。
なぜかというと、人間は前を向いて2本足で歩く生き物なので
自然と前に重心が倒れてしまいます。

プラス猫背だったり、内股だったりすると
重心がずれて変なところに力が入ってしまい
脂肪や筋肉のつき方などバランスが悪くなってしまいます。
そして下半身太りにつながります。

まずその場に立ってみてください。
重心を土踏まずのあたりに意識して
少し顎を引き頭のてっぺんから糸でつるされているようにして背筋を伸ばします。
みぞおちの辺りと肛門をキュッと引き締めます。
そして目の前に一本の線があると想定し
その線に沿って歩きます。

かかとから指先まで使って滑らかに踏み込みます。
私はモデルのようにランウェイを歩いていると思ってやっています。
歩くことはカロリーの消費にもなりますので自然と脂肪もなくなります。

私はこの方法だけで出産前はMサイズだったパンツがXSになりました。
いつでも、今からでもできることなので
ぜひ意識してやってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする